リニューアル

こうもり@悪戦苦闘の末、やっとネットの引越しが完了したぜです。で、引っ越したのを期にブログの方針を修正しました。(最近、本文が進まずにこればかりやっておるな)おおまかな変更点はトップページの紹介文にある通りなので、ここでは補足だけをしておきませう。

(1)タイトルの変更とその意味

「流動する怪物のブログ」から「アブノーマライゼーションへの道」へ変更しました。今までは障害何でも雑学コーナーと化していたのですが、これを期に自分のテーマに専念することにします。

アブノーマライゼーションという言葉はなじみがないかもしれませんが、まずは「人間らしさの実現」という呪縛から脱出することを目指す試みだと考えていいでしょう。障害者支援の理念は多様ですが、いずれも「人間らしさの実現」という共通目標を持つと考えられます。(「人間としての承認」「人間としての権利の獲得」「人間らしい地域生活」「人間らしい社会参加」「人間らしい立ち振る舞い,言動」「人間らしい心身機能の向上」など)。

もちろん、この方向性で満足している当事者ならば、それで大丈夫です。ノーマライゼーションやインクルージョンの理念に基づく支援は、そんなあなたの「人間らしさ」の実現に喜んで協力してくれるでしょう。ところが、ある種の感性とを持った当事者はそこに疑いの目を向けることになります。

そもそも、「人間らしさ」とは一体何なのか?なぜ当事者がそれを目指さなければならないのか?どうして、人間の仲間入りすることが無条件によいと言えるのか?自らのあり方を人間に近づけているかどうかで評価されなければならないのか?仮に人間と認められたとしても、それは人間が「おけら」や「ミミズ」や「あめんぼ」を生きものと承認しているのと同じで、周辺化された人間として承認されているだけなのではないか?ノーマライゼーションに規格化という別の意味があるように、「人間らしさ」にも何らかの規格化の意図が隠されていないのか?それを実現するために当事者がよいイメージを垂れ流すこと、行儀よく振舞うことを求められてかえって窮屈になっていないか?あるいは、人間らしい立ち振る舞いや能力だけを要求されて終わってしまうのではないか?そのために用いられるメディア戦略はプロパガンダと何ら変わらない戦略に過ぎないのではないか?メディアで流される肯定的な障害像こそ認識の暴力の最たるものなのではないか?

このような疑問を少しでも持ったことのある当事者ならば、既にアブノーマライゼーションへの道の入り口に立っていると言えます。ここでは「人間らしさ」の理念やそれを実現するための手段が持つ権力性・暴力性・欺瞞性を徹底的に考えていきます。そして、時に「人間らしさ」を目指すことの不毛さ,そこから離脱していくことの必要性を説いていくでしょう。

(2)今後のテーマから除外するもの

支援に対する提言は今後一切行いません。支援そのものが「人間らしさ」を目指しているからというのもありますが、仮に支援という営みを承認するにしても、もう既に語れることは語りつくしたという思いが強いからです。

①支援において最も重要な目標は「恐怖と欠乏からの自由」である。

②欠乏に苦しむ当事者に対しては、仕事を提供するか生活保護や障害者年金を支給するかのいずれかの手段によって、必要な財やサービスにアクセスできるようにする。(所得保障)

③暴力や略奪の被害に遭いそうな当事者がいれば、いじめ,ハラスメント,DVを全面的に禁止する法律を制定し、違反者には処罰と更生プログラムの受講を義務づける。(安全保障)

④労働基準法などの罰則を強化して、新たに働けなくなる当事者が増えるのを防ぐ。(労働災害の防止)

⑤当事者固有の支援や配慮については障害者差別禁止法を制定して、実施を義務づける。

①~⑤が実現するまでは、新たな提言を出す必要もないし、同じ主張を繰り返しておけばいいというのがわたしの立場です。特に②が実現できれば、あとはそれぞれの当事者が必要なサービスを購入し活動をしていけばいけばいいのですから、個々の支援や配慮について語る必要がありません。以上の理由から新しい展開は生まれてこないので、支援に関する提言は休眠することになりました。これからは自分の問題に特化して、語ってまいりたいと思います。ではでは

"リニューアル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント