【現代】無人労働論(4) FinTech(フィンテック) と無人労働化

 近年、都市部の大手企業において、間接部門の人員削減が急速に進められている。間接部門とは会社の業績に結びつく業務を担当する直接部門(製造や開発、営業・販売など)を支援する部門のことであり、人事、総務、経理などが代表的である。いわゆる「事務職」である。特に地場産業、大きな工場を持たない都心部において障害者の雇用創出をする際に、定型業務をそ…
コメント:0

続きを読むread more