【現代】無人労働論(4) FinTech(フィンテック) と無人労働化

 近年、都市部の大手企業において、間接部門の人員削減が急速に進められている。間接部門とは会社の業績に結びつく業務を担当する直接部門(製造や開発、営業・販売など)を支援する部門のことであり、人事、総務、経理などが代表的である。いわゆる「事務職」である。特に地場産業、大きな工場を持たない都心部において障害者の雇用創出をする際に、定型業務をそ…
コメント:0

続きを読むread more

【過去】無人労働論(3) AMAZON社 ー不徹底な無人労働化の一例ー

 そういえば、以前に比べて直接店舗に行って買い物をする機会が減ってきた。さすがに、衣服や靴などサイズ合わせが必要な商品、大型家電、大型家具のように自分の部屋で利用可能か否かの判断が必要な商品を購入する時には、店舗で実物を確認する。しかし、それ以外の商品はほとんどIT上のオンラインストアで購入することが多い。  書籍は言うまでもなく…
コメント:0

続きを読むread more